2014年12月23日火曜日 0 コメント By: R32デッカード

侵入者発見!疑惑は確信に…

 如何にも今日発見したばかりの様に書いていますけど、実は数日前から気が付いてはいたんですよ。
 ただ、ただ、現実から眼を反らしたかっただけ…

 普通、こういうアクアリウム関連のブログ記事で目にする侵入者とは、イトミミズで有ったり、トンボのヤゴで有ったりする訳ですが、我が家の水槽での侵入者はちょっと違います。

 侵入者は、こいつら。
 
 分かりますか?
もうお気付きになられた方もいらっしゃると思いますが、敢えてマークしてみると良く分かります。

そう、キューバパールグラスの間から、ウィローモスが生えて来ているのです。((+_+))

このキューバパールグラスは、某大手通販サイトにて、水上育成された物をブロック単位で購入しました。
水中育成された物であれば、異物の混入も考えられるので、細かくチェックするのですが、今回購入したのは水上葉と言う事で、ざざっとシャワーで洗った程度で、ブロックのまま埋め込んだのです。
 水上育成という事で甘く見ていました。(*_*)
きっとショップで水中育成時に絡んでいて、水上育成に切り替えられた間は、ひっそり潜伏していて、当水槽に植えられた段階で、「時は満ちた」とばかりに、生育を開始したのでしょうね|д゚)

う~~ん。もう、キューバパールはしっかり根を張っているんだろうか?
ウィローモスを抜こうとしたら、キューバパールのブロック毎抜けてしまうのでは?

キューバパールを片手で押さえながら、ピンセットで抜くしかないと思いますが、面倒くさい、中々手が出ません。
実際、このブログを書いている時点でも、放置中です。

後、他にも
ブリクサショートリーフからは、南米ウィローモスが…
こちらも侵入経路は不明です…
でも、こちらの撤去は簡単に出来そうです。
放置中ですが。

とりあえず、今回の記事はこれくらいでしょうか?

あ、あと、現在育成中のアラクアイアレッドクロスプランツの状態なのですが、不思議なことが…
この水草は育成自体は難しく無く、綺麗に育てるのは難しいと耳にしたことがあります。
本来はその名の通り、まっすぐな葉を、クロス(十字)に葉を展開させていくのですが、状況によっては葉がくるくる捻じれてしまうのです。
当水槽では、5本植えてあるのですが、ご多分に漏れずくるくる捻じれてしまっています。
が、1本だけ綺麗に育っているのです。(写真では一番手前)
何故?個性?
う~~ん。奥が深い。
とりあえず、底床肥料が重要だと耳にしましたので、セットして1か月も経過していませんが、底床肥料を追肥して、様子を見ようと思います。

以上、長文お付き合いありがとうございました。
2014年12月21日日曜日 0 コメント By: R32デッカード

クリスマスイヴ用の一品を作ってみた

そういえば、このブログ、水草水槽以外コンテンツとして、「男の料理」なるコンテンツも有ったのね。(記憶喪失)

と言う事で、本日のブログネタは、クリスマスイヴに似合う?一品を作ってみました。
どこが、「男」なのかと言う指摘は無しで~


え~、基本的に我が家は、クリスマスイヴは家で、家族で過ごすというスタイルです。
なので、クリスマスイヴには、色々メニューを取り揃えねばならない訳です。
実際、毎年メニュー決めには、色々頭を悩ませています。
メインは決まっているので、今回はオードブルの一品お酒のおつまみとして、「牡蠣の燻製、オリーブオイル漬け」を作ってみました。今が旬だしね。

この、「牡蠣の燻製、オリーブオイル漬け」は、作業は簡単なのです。
殆ど放置で良いので、楽は楽なのですが、とにかく時間が掛かります。
朝、調理開始で、夕方調理完了みたいな感じです。
文字通り、1日仕事なんですが、行う作業は5工程。
工程間の待ち時間が3時間とかなので、色々他事や、外出、もしくはお昼寝をする事が出来ます。

簡単に工程を書いていきますね~

  1. 下準備
    1. ソミュール液作り
      1. 今回は、水350mlに対し、岩塩20g塩15g砂糖35g、各種ハーブ(ローリエ・バジルなどお好みで)すりおろしにんにくチューブ2cm程を入れ、鍋で沸騰させ、そのままベランダで冷まします。
    2. 牡蠣の下処理
      1. 加熱用殻むき牡蠣(今回は450g分)をボウルに入れ、しっかり洗います。(潰さないようにやさしくね)
      2. 洗い終わったら沸騰した鍋に入れ、7分ほどボイル。
      3. ボイルが終わったら、粗熱を取るため、ザルに移して、そのままベランダへ。
  2. 牡蠣の漬け込み
    1. 牡蠣の粗熱が取れる頃には、ソミュール液は冷えているはずなので(12月の曇り空の話ですよ)、、牡蠣をジップロックなどに入れて、ソミュール液を流し込みます。
    2. 漬け込む時間は大体3時間位。
    3. 余り長時間すぎると、牡蠣が塩辛くなりすぎるので注意。(以前忘れてて、塩辛くなりすぎた経験がありますから)
    4. ということで、ここから3時間はお好きなことを~~
  3. 牡蠣の乾燥
    1. 漬け込みが完了したら、軽く流水ですすいで、バットや網の上に並べて、キッチンペーパーを被せて、またもやベランダへ~~(12月の曇り空での話ですよ~~)
    2. ベランダに出したら、3時間放置です。
    3. ということで、ここから3時間ほどお好きなことを~~
  4. 牡蠣をスモークする
    1. ある程度乾燥した牡蠣をスモークします。
    2. 十分に燻煙が上がったスモーカーに、牡蠣を並べて、スモークします。
    本来は低温燻したいのですが、スモークウッドがなかったので、このスモーカーとスモークチップを使いました。高速タイプですが、火加減を調整して余り高温にならないように、注意します。
    スモーク開始10分位
    スモーク開始30分位
     
    スモーカーから取り出し30分程ベランダに放置
     
    
  5. 牡蠣をオリーブオイルに漬け込む
    1. お好みのお皿に牡蠣を並べる。(重なってもOK)
    2. オリーブオイルを注ぐ(全ての牡蠣が浸るくらい)
    3. ラップをして冷蔵庫へGO
    4. 3日間ほど漬け込めば食べ頃です。早くワインと併せて、食べたい^^;;
こんな感じで作っています。
スモークが低温燻が良いのは、高温すぎると牡蠣の水分や旨みが抜けて(蒸発)しまって、バサバサになってしまうからです。あくまでふっくらと仕上げるように注意しましょ~~

3日後が、楽しみです。
長文お付き合いありがとうございました。^^

追記
1の工程の牡蠣をボイルした後のゆで汁ですが、牡蠣の旨みがたっぷり出ていますので、何かにお使いください。(私は、きょうのお昼ごはんに食べた味噌煮込みうどんの出汁として使いました。ほんのり牡蠣の香りがして美味しかったですよ)
5の工程のオリーブイオイルは、牡蠣の旨みと、燻製の香りが染み込んでいます。オイル系パスタなどにお使いください。

それでは。