2014年12月23日火曜日 0 コメント By: R32デッカード

侵入者発見!疑惑は確信に…

 如何にも今日発見したばかりの様に書いていますけど、実は数日前から気が付いてはいたんですよ。
 ただ、ただ、現実から眼を反らしたかっただけ…

 普通、こういうアクアリウム関連のブログ記事で目にする侵入者とは、イトミミズで有ったり、トンボのヤゴで有ったりする訳ですが、我が家の水槽での侵入者はちょっと違います。

 侵入者は、こいつら。
 
 分かりますか?
もうお気付きになられた方もいらっしゃると思いますが、敢えてマークしてみると良く分かります。

そう、キューバパールグラスの間から、ウィローモスが生えて来ているのです。((+_+))

このキューバパールグラスは、某大手通販サイトにて、水上育成された物をブロック単位で購入しました。
水中育成された物であれば、異物の混入も考えられるので、細かくチェックするのですが、今回購入したのは水上葉と言う事で、ざざっとシャワーで洗った程度で、ブロックのまま埋め込んだのです。
 水上育成という事で甘く見ていました。(*_*)
きっとショップで水中育成時に絡んでいて、水上育成に切り替えられた間は、ひっそり潜伏していて、当水槽に植えられた段階で、「時は満ちた」とばかりに、生育を開始したのでしょうね|д゚)

う~~ん。もう、キューバパールはしっかり根を張っているんだろうか?
ウィローモスを抜こうとしたら、キューバパールのブロック毎抜けてしまうのでは?

キューバパールを片手で押さえながら、ピンセットで抜くしかないと思いますが、面倒くさい、中々手が出ません。
実際、このブログを書いている時点でも、放置中です。

後、他にも
ブリクサショートリーフからは、南米ウィローモスが…
こちらも侵入経路は不明です…
でも、こちらの撤去は簡単に出来そうです。
放置中ですが。

とりあえず、今回の記事はこれくらいでしょうか?

あ、あと、現在育成中のアラクアイアレッドクロスプランツの状態なのですが、不思議なことが…
この水草は育成自体は難しく無く、綺麗に育てるのは難しいと耳にしたことがあります。
本来はその名の通り、まっすぐな葉を、クロス(十字)に葉を展開させていくのですが、状況によっては葉がくるくる捻じれてしまうのです。
当水槽では、5本植えてあるのですが、ご多分に漏れずくるくる捻じれてしまっています。
が、1本だけ綺麗に育っているのです。(写真では一番手前)
何故?個性?
う~~ん。奥が深い。
とりあえず、底床肥料が重要だと耳にしましたので、セットして1か月も経過していませんが、底床肥料を追肥して、様子を見ようと思います。

以上、長文お付き合いありがとうございました。
2014年12月21日日曜日 0 コメント By: R32デッカード

クリスマスイヴ用の一品を作ってみた

そういえば、このブログ、水草水槽以外コンテンツとして、「男の料理」なるコンテンツも有ったのね。(記憶喪失)

と言う事で、本日のブログネタは、クリスマスイヴに似合う?一品を作ってみました。
どこが、「男」なのかと言う指摘は無しで~


え~、基本的に我が家は、クリスマスイヴは家で、家族で過ごすというスタイルです。
なので、クリスマスイヴには、色々メニューを取り揃えねばならない訳です。
実際、毎年メニュー決めには、色々頭を悩ませています。
メインは決まっているので、今回はオードブルの一品お酒のおつまみとして、「牡蠣の燻製、オリーブオイル漬け」を作ってみました。今が旬だしね。

この、「牡蠣の燻製、オリーブオイル漬け」は、作業は簡単なのです。
殆ど放置で良いので、楽は楽なのですが、とにかく時間が掛かります。
朝、調理開始で、夕方調理完了みたいな感じです。
文字通り、1日仕事なんですが、行う作業は5工程。
工程間の待ち時間が3時間とかなので、色々他事や、外出、もしくはお昼寝をする事が出来ます。

簡単に工程を書いていきますね~

  1. 下準備
    1. ソミュール液作り
      1. 今回は、水350mlに対し、岩塩20g塩15g砂糖35g、各種ハーブ(ローリエ・バジルなどお好みで)すりおろしにんにくチューブ2cm程を入れ、鍋で沸騰させ、そのままベランダで冷まします。
    2. 牡蠣の下処理
      1. 加熱用殻むき牡蠣(今回は450g分)をボウルに入れ、しっかり洗います。(潰さないようにやさしくね)
      2. 洗い終わったら沸騰した鍋に入れ、7分ほどボイル。
      3. ボイルが終わったら、粗熱を取るため、ザルに移して、そのままベランダへ。
  2. 牡蠣の漬け込み
    1. 牡蠣の粗熱が取れる頃には、ソミュール液は冷えているはずなので(12月の曇り空の話ですよ)、、牡蠣をジップロックなどに入れて、ソミュール液を流し込みます。
    2. 漬け込む時間は大体3時間位。
    3. 余り長時間すぎると、牡蠣が塩辛くなりすぎるので注意。(以前忘れてて、塩辛くなりすぎた経験がありますから)
    4. ということで、ここから3時間はお好きなことを~~
  3. 牡蠣の乾燥
    1. 漬け込みが完了したら、軽く流水ですすいで、バットや網の上に並べて、キッチンペーパーを被せて、またもやベランダへ~~(12月の曇り空での話ですよ~~)
    2. ベランダに出したら、3時間放置です。
    3. ということで、ここから3時間ほどお好きなことを~~
  4. 牡蠣をスモークする
    1. ある程度乾燥した牡蠣をスモークします。
    2. 十分に燻煙が上がったスモーカーに、牡蠣を並べて、スモークします。
    本来は低温燻したいのですが、スモークウッドがなかったので、このスモーカーとスモークチップを使いました。高速タイプですが、火加減を調整して余り高温にならないように、注意します。
    スモーク開始10分位
    スモーク開始30分位
     
    スモーカーから取り出し30分程ベランダに放置
     
    
  5. 牡蠣をオリーブオイルに漬け込む
    1. お好みのお皿に牡蠣を並べる。(重なってもOK)
    2. オリーブオイルを注ぐ(全ての牡蠣が浸るくらい)
    3. ラップをして冷蔵庫へGO
    4. 3日間ほど漬け込めば食べ頃です。早くワインと併せて、食べたい^^;;
こんな感じで作っています。
スモークが低温燻が良いのは、高温すぎると牡蠣の水分や旨みが抜けて(蒸発)しまって、バサバサになってしまうからです。あくまでふっくらと仕上げるように注意しましょ~~

3日後が、楽しみです。
長文お付き合いありがとうございました。^^

追記
1の工程の牡蠣をボイルした後のゆで汁ですが、牡蠣の旨みがたっぷり出ていますので、何かにお使いください。(私は、きょうのお昼ごはんに食べた味噌煮込みうどんの出汁として使いました。ほんのり牡蠣の香りがして美味しかったですよ)
5の工程のオリーブイオイルは、牡蠣の旨みと、燻製の香りが染み込んでいます。オイル系パスタなどにお使いください。

それでは。
2014年12月10日水曜日 0 コメント By: R32デッカード

ひっそりと2

ご無沙汰していました。

3年程、エネルギー充填と構想を練って(嘘)、ついに2014年も終わろうとしている今、水草水槽を再び立ち上げるべく、ブログを再開したいと思います。(今度は1年位続けれます様に・・・)

ということで、皆様、又よろしくお願いいたします。

実は、1週間程前に水槽のセッティングは終わっています。

とりあえず、今植栽して育成中の水草をご紹介。

前景草は、キューバパールグラス。


中景草に、マロンフラスコモ。


後景草に、ブリクサショートリーフ、アラグアイア レッドクロスプランツ、パールグラス。


中景草として写真手前のパンタナルドワーフマヤカ、後景草として写真奥のケヤリ草(?)。


こんな感じで、静かに潜伏しながら、育成中です。|д゚)

3年前と殆ど同じじゃねーか(-_-メ)というご指摘は、謹んでお受けいたします。(^_-)-☆
2014年12月9日火曜日 0 コメント By: R32デッカード
2014年1月25日土曜日 0 コメント By: R32デッカード

#水草水槽:水槽再稼働から2週間経過 初めてのトリミング

早いもので、もたもた再稼働から1週間の動きをまとめていた間に、本日で2週間目を迎えました。

丁度、1週間前から水槽に手を加える事は、生体の追加以外何も行っていないので、今の状態で1週間経過した場合の水質変化のデータも取れそうです。

有茎水草が多いから、第一回目のトリミングもしないと・・・



まず、水質チェック。
テトラ社の水質チェック用の「TEST 6 in 1」を用いて行います。
これは、簡易的ですが、一回のテストでNO3/NO2/GH/KH/ph/Cl2の6つを測れる優れものです。
結果は、
特に問題値は認められませんでした。

さて、水槽の状態は
見た感じ水と生体、水草の状態は良好に見えます。
しかし、再稼働前から想像していた通り、グレートモスがもう少しで水面に届きそう。

南米ミズハコベは成長しているものの、少し這うとは程遠い状態のものが見受けられます。

ということで、今回は1/3の水換えと、上記2種のトリミング及び植え替えを行ってみました。


しばらくは、このまま水草の成長を見守っていくサイクルに入りそうです。




2014年1月24日金曜日 0 コメント By: R32デッカード

#水草水槽:再稼働から1週間経過【その3】

【1/12の続き】

ショップから帰ってきて、私の目に飛び込んできたのは、見事に白濁した水槽だった。



昨日植栽する事前準備として、パイロットフィッシュを入れて1週間。
何事も無かった・・・
濾材や、低床は前回からの使いまわし(無論簡単な清掃はしたものの)

一体何故?
慌てて水質チェックを行ってみても、異常値は見られない。
とりあえず、1/3程度の水替えを行い、購入してきた南米モスを巻き付け、パンタナル・ドワーフエイクホルニアを植え付け、その日は作業終了とした。



【1/13】

朝水槽を覗いてみると、白濁は全く落ち着いていない。
それどころか、昨日の水替え前と同じ状態に戻っている。。。。
わけが分からない。
とりあえず、1/3の水替えを行い、バクテリアの活動を活発にしようと、水温を1℃上げて、その日の作業終了。



【1/14】

朝水槽を覗いてみると、白濁は全く落ち着いていない。
それどころか、昨日の水替え前と同じ状態に戻っている。。。。
わけが分からない。
とりあえず、1/3の水替えを行い、その日の作業終了。(ほぼコピペ)


【1/15】

朝水槽を覗いてみると、白濁は全く落ち着いていない。
それどころか、昨日の水替え前と同じ状態に戻っている。。。。
わけが分からない。
とりあえず、1/3の水替えを行い、その日の作業終了。(完全コピペ)


【1/16】

朝水槽を覗いてみると、白濁は全く落ち着いていない。
それどころか、昨日の水替え前と同じ状態に戻っている。。。。
わけが分からない。
とりあえず、1/3の水替えを行い、その日の作業終了。(完全コピペ)


【1/17】

朝水槽を覗いてみると、白濁は全く落ち着いていない。
それどころか、昨日の水替え前と同じ状態に戻っている。。。。
わけが分からない。
心なしか、水草の色も悪くなっているような・・・・
ガラス面に茶ゴケも少し発生している。
「このまま座して死を待つ訳にもいくまい。」
仕事帰りに、ショップに行き生物兵器の投入を図る。
「頼んだぞ、諸君」

突撃部隊として、オトシンクルス・ネグロ 2匹と、スーパーレッドファイヤー・シュリンプ20匹を、入念な温度合わせと水合わせを行い、水槽に投入。

「ん?」

スーパーレッドファイヤー・シュリンプが動き回ったトニナの頭頂部は、水中に土ぼこりを上げる。そして、土ぼこりが上がった後には、あの何とも言えない、トニナの爽やかな緑の葉が見える。

「まさかな・・・・」

水槽に手を入れ、トニナを揺すってみる。

「は?」


揺する前

揺すった後

「は?」
白濁の原因は、まさかのシャワーパイプの水流が、ソイルの低床を叩き続け土ぼこりを巻き上げ続けていただけでした・・・
後景の植栽を行っていた際に、どうもシャワーパイプに手が接触し、位置がずれてしまったのが原因かと。
とりあえず、シャワーパイプの位置を正しくセットし直し、水替えは特にトニナの葉上の土を吸い出すことをメインに、1/3程行って、その日の作業終了。


【1/18】

白濁、完全に終了^^





全ての水草の葉の上や、モスの上、岩や流木の積もっていた土ぼこりはスーパーレッドファイヤー・シュリンプ等生体が全て落としてくれたようで、いつもの明るい水景が無事復活。

いや、数日間は無策ではなく、15年位前からお世話になっているお気に入りサイトを巡回し、白濁の原因と対策に苦慮していましたよ。
こんな状態になったのは、初めてでした。

何はともあれ、めでたし、めでたし^^ 

#水草水槽:再稼働から1週間経過【その2】

途中まで書いていたが色々な事情で、下書きのまま放置してあった記事の続きを書きます。

現在1/24日、水草水槽再開から2週間経過しましたが、とりあえずタイトル通り再稼動から1週間の動きを簡単にまとめていきたいと思います。


【1/12】
 朝、昨日植栽が全て終わった水槽を見てみると、やはり草の量が少なすぎて寂しい。
コンセプト的に有茎草が多いので、育成しながらボリュームアップを図っていくスタイルで行こう、と思っての注文量であったが、いかにも寂しすぎる。
また、今回初めてネットショップで南米モスを購入してみたが、想像していた量よりかなり少なく、少量しか巻き付けられなかった流木も、水槽の寂しさに拍車を掛けている。
よし、ここは近所のショップとホームセンターを徘徊し、南米モスの補充と少量の水草の追加を図ることにする。
ついでに、ショップの新規開拓を兼ねて、以前ネットで見かけたお店にも足を伸ばすことにした。

色々店を回るものの、南米モスはなかなか見つからない。
店内に沢山展示されているプリンカップに「南米モス」の文字を見つけて、喜ぶも中身をよく見てみると、「ジャワモス」・・・
騙されんぞと、色々店を回るが、南米モスには出会うことが出来なかった。

ついに、一縷の望みを掛けて新規開拓のお店に突入することにした。(距離的に一番遠いからね)
このお店は、オンラインでも販売しているので、写真で「南米モス」を確認してある。

初めての、お店って緊張するよね・・・
特にお客さんが自分1人しかいない場合・・・・

「いらっしゃいませー」メンテナンス中の女性従業員の方が声を掛けてくださったが、後はシーン・・・

静寂に包まれる店内を、物色しながら南米モスを探してみる。

有った。有りました^^

間違いなく、南米モスを発見。

プリンカップに大量に入っています。

値札が貼っていないので、女性店員さんに値段を聞いてみる。
すると、少々お待ちくださいとの返事で、お店の外に行ってしまった。どうやら、店長さんは店に居ないようである。
1人残されたレジ前で、辺りを見回してみると、おもわずギクッ! 

開け放たれたレジ奥の小部屋に人が居た。
顔は見えないが、肩が小部屋の入り口からはみ出ている。
ああ、びっくりした^^;

数十分、店内を回っていても全く気配が感じられなかったので、本当にビックリしました^^;

すると、店員の方が戻られ「○○円となります」と価格を教えてくれた。
「ん?」明らかに、その店のネットショップで表示されていた価格より高かったが、これが同じ商品だとは私には分からないし、数百円のことで揉めるつもりは無い。
「分かりました。では、これも欲しいのですが、お幾らでしょうか?」水槽で販売していた、有茎草を指差してみる。
またしても、「少々お待ちください」との掛け声で、外に言ってしまった。

小部屋の人影は、我、関せずで微動だにしない・・・
どうやら壁に向かって腰掛けているようなので、ネットショップの注文でもさばいているのかしら・・・
すぐそばで起きている、この状況には係わるつもりが無いらしい。
店員さんじゃない可能性もあるしな~~ と、思ったりもして^^
待たされている間、この謎の人物について色々想像して楽しんでいた。

程なく、店長さん?を連れて、店員さんが戻ってきた。
店長さんの、「どの辺りの草?」との質問に、私は「これです。」と答え、「ああ・・その辺りなら○○円です。」との回答を得て、それが予算内だったので、2本購入しました。

欲しい水草を手にすることが出来、満足して店を出ましたが、感想は・・・

「疲れた~~」

でした。

南米モス以外に手に入れた水草。

「パンタナル・ドワーフエイクホルニア
 
長くなったので、また続きます。

2014年1月18日土曜日 0 コメント By: R32デッカード

#水草水槽:再稼働から1週間経過【その1】

「貧乏人、暇無し」とは、良く言ったものである。

水槽に手をいれる事は、ほぼ毎日ではあるが、なかなかBlogの更新とまでは手が回らない。

とりあえず、本日で水草水槽の再稼働から1週間が経過したので、その間の履歴を纏め上げてみる。

2014/01/11

オンラインで注文していた水草が到着する。

 
今回注文した水草は、以下の通り。
  • 南米ミズハコベ(水上葉)
  • アラグアイア レッドクロスプランツ(水上葉)
  • トニナSP・ベレン
  • プロセルピナカ パルストリス キューバ(水上葉)
  • 南米ウィローモス
  • グレートモス
以上の6種。

前景草は、第一候補は、キューバパールグラスをチョイスしたいところだが、硬度の関係や、前回、南米ミズハコベでの前景育成に失敗したので、それのリベンジを兼ねて、南米ミズハコベを選択してみた。

これらを育成し、自分の妄想した水草水槽を完成する試みに入りたい。

すでに、頭の中では構想が出来上がっていたので、テンポよく植栽(田植え)していく。
と思ったが、先行して水槽内に沈めておいた溶岩石になにやら植物が・・・・


この溶岩石は、庭先に数年放置してあったが故、何らかの植物の種子が付着していたものと思われる。
それを十分な洗浄もせず、水槽内にセットした結果、このような事態になったっと思われる。

よし、これはこのまま育成することにする。

上手く水中での育成成功すれば、新種の水草を皆さんにご紹介できるものと信じて!

と、右往左往は色々有ったが、なんとなく植栽(田植え)終了。

あ、南米モスは、流木に木綿糸で巻きつけました。使用した木綿糸の入手先は不明。


ウィローモスに限らず、活着性のある水草の、流木や岩への巻きつけは、毎回この木綿糸にお世話になっています。
これは、本当に便利。
植物が活着する時期には、木綿糸は水槽内で微生物に分解され?消えてなくます。

これの数倍の値段がする超高級木綿糸も存在すると聞きましたが、今迄の経験上、このごく普通の木綿糸で不具合が出た記憶は有りません。

この木綿糸を使い、南米モスを、流木に木綿糸でグルグル巻きつけていきます。
こんな感じ。
きつ過ぎず、緩過ぎず。

巻き終わったら水槽に戻し、レイアウトを考えながら、流木と石を配置。
そして、残りを植栽(田植え)。

とりあえず、こんな感じになりました。





あ・・・全体撮っていないや・・・・

長くなったし夜も更けてきたので、続きは明日にします><

また、良かったら覗きにきてください。
2014年1月9日木曜日 0 コメント By: R32デッカード

水草水槽:準備は整いつつあるであります!

と、勢い込んで書き出したものの、このブログを始めて数日ですが、水槽立上げについての投稿しかしていない。
ブログタイトル通り、チラ裏的な投稿を適当にしていこうと思ったのですが・・・

まあ、水槽立上げの投稿と言っても、内容的にはまさにチラ裏と呼ぶににふさわしい、無意味な投稿しかしていないので、ブログの趣旨からは乖離していないかな・・・と、自己解決^^;

いや、色々書きたいことは有るのですけど、残念ながらそれらを、投稿という形でWeb上に公開する迄の、文才が無いというか、内容によっては炎上や、煽られたりするかもしれないというリスクも恐れていたり・・・

とりあえず、立ち上げ予定の水槽の状況報告です。

現在、水漏れを克服した、水槽は順調に水草の到着と、植栽を待つだけとなっております。

濾過装置につきましては、物理濾過を専門のプレフィルターに、エーハーメックを満載し、生物濾過専用のパワーフィルターには、エーハイムサブストラットを満載。これらは、いずれも、今回の再立ち上げ前からの流用なので、バクテリアの定着状態は大丈夫かと思います。勿論簡単な掃除済み。

底床も、ソイルですが、見た目、粒も潰れていなかったので、流用。
ドロップチェッカーで、PHを測ってみましたが、6.5以下を示していたので、Ph低下効果は持続中かと。むしろ、肥料分がある程度無くなっていて、こなれたソイルになっているのかも~。

水草育成に不可欠な、CO2関連も、ボンベ内ガス残存量は大丈夫、後1年以上戦えそうです。

蛍光灯もそのまま流用。今迄も、切れたら替えるスタンスなので問題無し。

現在、念の為、パイロットフィッシュを泳がせて、フィルターを回しています。


さぁ、何かドキドキしてきました~~^^;;
2014年1月8日水曜日 0 コメント By: R32デッカード

水草水槽:今が一番楽しい時かもね~~

前日まで、頭を悩ませていた水漏れを無事に克服した、私。
これで終わってしまっては、ただ水漏れを直したクラシアンになってしまいます。
次なるステップ、と言うか、本来の目的である水草水槽の立ち上げに入りたいと思います。

本日、某有名ショップに水草の注文を行いました。
近所に手頃な水草を扱っている店舗が無い為、毎度の事ながら、通販で注文です。

PCで、ショップの参考画像を見ながら、これはどうかな?
あ・・・でも、自分の今の環境では少し育成が厳しいかな・・・
長期維持(3カ月位)は維持できるのかしら・・・
ここは、濃い緑の水草で繁らせて、ここに1ポイントの赤系を配置してっと・・・

色々、妄想しながら、あれやこれやと、水草を選択している時が、一番好きです。

次に、水草が届いて、植栽している時でしょうか~

植栽って響きは良いけど、一番のイメージは、田植えです。田植え。

特に、前景草なんて、まさに田植えです。毎回、家族に、また「田植えしているよ」って言われています。

田植え、基、植栽完了後の水槽を見つめてみると、ああ・・・田植えが終わったのだと自分でも認めてしまうのが、少々寂しいですが・・・

しかも、今は腰痛を患っているので、中腰且つ長時間(半日は軽く掛かりますね)の作業はかなり厳しいとは思いますけど、妄想を実現させる為の不思議なパワーで、乗り越えたいと思います。

水草は、11日に届く予定です。

妄想を実現させる第一ステップになります。

果たして、今回の妄想は上手く実現できるのか・・・・

それは、神のみぞ知るです。
2014年1月7日火曜日 0 コメント By: R32デッカード

水草水槽:【朗報】水漏れ制圧

水漏れ対策の続きです。

実は、昨夜、終身前に、水漏れ対策として、プレフィルターの給水口周りに、バスコークをやや過剰に施工しておきました。

バスコークの説明書にはこう書いてあります。
施工後、「乾燥に24時間待て」と。

しかし、はやる気持ちを抑える事は出来ません。
早速、ホース周りをセットして、パワーフィルターの電源を投入です。

おお!水漏れは止まった!




かに、見えました。

前日と同じく30分後に、恐る恐るプレフィルター周りをチェックしてみると、前日よりは小さいですが、水溜りが・・・・
しかも、バスコークを施工するために、色々弄った為か吐水側からも少量の水漏れが・・・

よくよく考えれば、このプレフィルターも10年以上使用しています。
しかも、その間ずっと水に浸かっていた訳ですし、ゴムパッキンの衰えや、使用されている部品がプラスティックという事を考えれば、寿命という思いも頭を過ります。



ここは、老骨に鞭を打ってでも、プレフィルターには起動して貰わねばなりません。

そこで、私の必殺技の一つである、シールテープと、ゼリー状瞬間接着剤の出番です。

水漏れの原因となりそうな箇所にシールテープを、締め付けリングの稼働に許す限りの厚みで巻きつけ、シールテープで対応できない個所には、ゼリー状瞬間接着材で補強に掛かります。

<給水口施工>

<吐水口施工>

これらを施工し瞬間接着剤の十分な乾燥を待ち、天にも祈る気持ちで(実際祈りましたが)、パワーフィルターの起動を行いました。

結果、1時間経った今現在でも水漏れは確認出来ておりません。

これで、終息していれば良いのですが・・・・

明日、残念な投稿をしなくて済む様、祈って・・・・

おやすみなさい。
2014年1月6日月曜日 0 コメント By: R32デッカード

水草水槽:水漏れが止まらないorz 

140文字で纏め上げるような文才に恵まれていないので、ブログを立ち上げてみました。
書く内容が長文になりそうな場合は、こちらのブログに記載することにします。まあ、殆どそうなるであろうけど・・・

昨日、約10時間掛けて、セッティングした水槽ですが、フィルターに電源を入れ、水を回し始めた30分後、ふと外部フィルターの下を見てみると、水溜りが・・・・

セッティングの際に、水を拭き忘れたのかと思い、溜まった水を拭き取り、30分後確認してみると、またしても水溜りが・・・・

間違いない。
どこかが水漏れを起こしている。
どこだろう。

私の濾過器具は、水槽から吸い上げた水が、プレフィルターを経由し、そこで物理濾過を行った後に、パワーフィルターに入り、そこで生物濾過を行った後、水槽に戻すと言う経路で構築してある。

そこで、懐中電灯片手(水槽下だから、暗い)に、プレフィルター及びパワーフィルター周りを入念に探ってみる。

見つけた。
プレフィルターの給水側から、1分に1滴程度で発生する水漏れを発見した。

萎えた・・・・

時計を見てみると、もう夜の10時・・・・

明日は、仕事始め・・・・

止むを得ず、給水パイプを水槽から引き抜き、プレフィルター及び、パワーフィルターから水を抜いた後、パワーフィルターの動作を停止し、作業は明日(今日の事)に持ち込むことにする。

疲れた・・・・